難病補助金と、医療費制度の話。限度額適用認定証や高額療養費とは?

医療費
スポンサーリンク

強直性脊椎炎という病気と確定して、これから行うことはただ一つ。
そう、緩和治療です!さらっといいますが、この病気が完治する見込みは今のところないので、症状が悪化しないように治療を進めていくのですが、この治療費がバカにならないぐらい高かったのです!( ゚д゚)

難病の人は必ずもらえる?難病補助金について

国や自治体が指定している難病については、難病補助金というものを申請する事が出来るのですが、残念ながら全員が受け取れるものではありません。
診断の基準や、現在の健康状態をもとに数値化していき、それらがクリアしていると補助金を受け取れる仕組みになっています。

つまり、症状が悪ければ補助金を受けられるという事です(^_^;)

なんとも酷な話じゃないですか?同じ病気であっても、補助金を受けられない人がいるというのが現状です。しかも悪ければ貰えるってのも文字にするとあまり嬉しくないですね(-_-)

確かに働けなくなっては治療費も払えないので、補助金様様ではありますが、
私だって毎回の医療費を払うのは正直しんどい!!!

持ってると便利!限度額適用認定証とは?

そこで困った私に主治医や薬剤師の方が教えてくれたのが、限度額適用認定証です。
限度額適用認定証とは、一ヶ月間同じ医療機関での支払いが高額になってしまったとき、世帯収入に合わせた医療費のみを支払う事ができる最高の切り札のことです!

限度額適用認定証を申請できる対象者は?

限度額適用認定証は、70歳未満の被保険者または被扶養者であれば
誰でも申請することが可能です!!
申請方法は、規定の書類を提出するだけ!
近くの協会けんぽさんから発行されるので、1週間程度で手元に届きます
注意として、70歳以上の方は、収入によって発行できない可能性があるそうです。

限度額適用認定証の限度額はどのくらい?

所得区分によって下記のとおりに金額が変わります。

  • 区分ア
    • (標準報酬月額83万円以上の方)
    • (報酬月額81万円以上の方)
    • 252,600円+(総医療費(10割負担額)−842,000円)×1%
  • 区分イ
    • (標準報酬月額53万円〜79万円の方)
    • (報酬月額51万5千円〜81万円未満の方)
    • 167,400円+(総医療費(10割負担額)−558,000円)×1%
  • 区分ウ
    • (標準報酬月額28万円〜50万円の方)
    • (報酬月額27万円以上〜51万5千円円未満の方)
    • 80,100円+(総医療費(10割負担額)−267,000円)×1%
  • 区分エ
    • (標準報酬月額26万円以下の方)
    • (報酬月額27万円未満の方)
    • 57,600円
  • 区分オ
    • (被保険者が市町村税の非課税者)
    • 35,400円

ちょっとややこしいですが、
例えば、一ヶ月の間に同じ病院での支払いが30万円だったとき、
区分エの方だと、57,600円の支払いで済む。

ということです!!o(^-^)o
急な手術や入院に備え、申請した方がいいと思います。

限度額適用認定証の使い方

使い方は、病院を受診する際に診察券と一緒に受付窓口に提出するだけです。
初めて提出されるときはコピーを取られますが特に問題はありません(^_^)

限度額適用認定証を使う上での注意

限度額適用認定証を使う上での注意事項がいくつかあります。

  1. 一ヶ月間の同じ医療機関での支払いのみ発動する。例えば総合病院で使用しても、薬局では別の医療機関なのでお薬代を払います。
  2. 期限は約一年間!なので毎年更新手続きが必要!申請時と同じ様に書類を提出する。
  3. 限度額は被保険者の所得になる!自分に収入がなくても被保険者の所得区分です。

以上の点に注意しておけば問題なく使えると思います^_^

限度額適用認定証とどう違う?高額療養費について

有名な医療費制度としてもう一つ、高額療養費というものがあります。
高額療養費は、医療機関でとりあえず支払いを済ませて、後日過払い分を請求するものです。

たとえば、区分エの方が30万円の支払いがあったとき、
とりあえず窓口で30万円を支払い、後日30万円−57600円の差額分242,400円を返していただくということになります。

つまり、

  • 限度額適用認定証は、限度額の支払いのみでOK
  • 高額療養費は、支払った後に申請して過払い金を返してもらう

ということです!戻ってくるとはいえ、一回の支払いに何十万円もするのはちょっとイタいですよね(°_°)

ただ、この高額療養費もうまく使えば役に立ちます!

高額療養費と限度額適用認定証の上手な使い方

限度額適用認定証では、同じ医療機関でしか発動しないので、お薬を処方された場合には、お薬代を薬局で支払うことになります。

ここで疑問。例えば区分エの方が、すでに57,600円支払ったとして、
お薬代が2,000円かかった場合、

57,600円+2,000円=59,600円 になりますね。

限度額超えてますね、、、。つまり高額療養費が申請できる!ということです(^o^)
高額療養費は、他の医療機関との合算ができます!お薬代ならまだ払いやすいですよね。

このように二つの制度をうまく活用することで、最低限に抑えられることができます!

まとめ

お金の話は大事なので長くなりましたが、簡単にまとめました!

  • 難病補助金は全員が対象にはならない。
  • 誰でも申請可能!限度額適用認定証をつかう。
  • 過払い金は高額療養費で後日申請する。

ただ、国や自治体の医療に関する制度も新しくなっていますので、この記事はあくまで参考程度に読んでください(^^) 医療費がもっと安くなることを願うばかりです(><)

コメント

タイトルとURLをコピーしました