【これから帝王切開を控えている方へ】私の帝王切開出産レポ②〜手術当日!後回しにされすぎた件について〜

マタニティ
スポンサーリンク

いよいよ手術当日になったわけですが、
この日は「午後」から「予定帝王切開」と言われていたにもかかわらず
かなりの時間 待たされ続けました。

総合病院ならでは?「予定」は「予約」ではない!

私はてっきり「この日の午後に予定帝王切開で出産します。」と言われていたので
お昼過ぎくらいに行うのだろうと勝手に思っていました。

ですがそれが大きな間違いだったのです!!!

手術を始める時には主治医が呼びにくると聞いていたので
今か今かと待っていました。

そして、お昼を少し過ぎた頃に主治医が病室に来たので
きたきた!!と思ったら

なんと手術室が空いていないとのこと。

まあまあ、まあまあ
急病患者がいたのなら仕方がない。

それからまた3時間が経ち、また主治医が病室に来たので
いよいよか!!!
と思いきや、再び急病患者の手術が入ったとのこと。

まあまあまあ、
前の手術が長引いたのでしょう。

それからまた3時間後くらいですかね。

また主治医が来たので、3度目の正直!!と思いきや
またまた急患、、、!


何時間待たせるの〜〜〜〜!!!

って感じでした。いや、ほんとにもう

総合病院だからなのか
急病患者の手術がどんどん入ってくることくること、、、。

これから手術を控えているという状況で何時間も待つのは精神が削れていく思いでした。
私は「予定」だから時間が決まっていると思っていたのですが
そういうことではなかったみたいです。

一概には言えませんが、忙しい総合病院では緊急度の低い予定帝王切開は後回しにされてしまうことがあるようです。

私が待っている間にも
自然分娩だった妊婦さんが緊急帝王切開になったりと
一刻を争う場面がいくつもあったようで

仕方ないと分かっていても
何時になるか分からないまま待ち続けるのも相当気が滅入ります(°_°)

結局呼ばれたのは19時前でした。

待たされ続けることで感じた最大の苦しみ

手術前日の21時から絶食が始まっており
水を飲むことも許されない状況にありました。

そんな中19時前まで待たされるということで何が起きるかというと
空腹に耐えなければいけない!ということです。

これが何より辛かった!!!(;_;)

ほとんど丸一日絶食です。

もしも手術がお昼ごろに終わっていたら
麻酔が切れる6時間後には飲食が可能になるはずだったのに、、、。

空腹だとイライラしたり
集中が切れたりしてしまい正直最悪のコンディションだったと思います。

早く来てくれ
さっさと終わらせてくれ

とばかり考えていたので
早く終わらせたい解放してくれという気持ちの方が強くなりました。

だからこそ手術に対する不安や恐怖がなかったのかもしれません。
(これはある意味 メリット?)

とにかく
「今から子どもに会えるのね、、、(^_^)」
幸せハッピー!みたいな感じではなく

「早くして〜(-_-;)」

と思っていたのは確かです。

待ち時間にしたこと

待ち時間はもっぱらTverです。
最近ではアプリでテレビが見れますから
新しく始まったドラマを見たりして時間を潰しました。

でも一番は寝たほうがいいです!!

私の病院では帝王切開の場合は立ち会うことができないのですが
それでも朝からずっと旦那さんも病院に来てくれていたので
気を遣っていましたが

寝れる時には寝たほうがいいです。

これに尽きます。

まとめ

  • 総合病院では緊急性の低い予定帝王切開は後回しにされることがある。
  • 待ち時間=絶食が続くのでしんどい。
  • 待ち時間は寝たほうがいい。

手術当日に何時間も待たされるのは予想していなかったので苦痛で仕方ありませんでした。これから予定帝王切開を控えている方は自分の手術の時間が決まっているか
しつこく聞いたほうがいいです。

しつこく聞いても19時前だったので、
本当にしつこく聞いた方がいいと思います!

待ち時間には何かしようと思わない方が吉!
なのでしっかり休んで置くことをオススメします!

次回は帝王切開での体験をお話ししたいと思います(^_^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました